2011年4月アーカイブ

株式投資の魅力は4つのメリット

株式を購入することを株式投資といいます。
株式投資にはさまざまな魅力がありますが、ここでは主なものを4つ取り上げます。

それは、持株の値上がりによる売却益、持株に対する配当、株式分割、株主優待の4つです。

株取引の格言から学ぶ

値上りによる利益というのは、なんといっても株式投資の最大の魅力です。購入した株式が値上りした場合、売却益を期待でき、この値上りによる利益のことをキャピタルゲインといいます。

このキャピタルゲインを得るためには、「株価の安いときに買って、高くなったら売却する」ことです。

しかし、言葉で言えば一見簡単なことのように思われますが、「現在の株価が高いのか安いのか」を判断するのが非常に難しく、実践するのは大変なことです。
バストアップホルモンにひっかけた鄭楡は女性に対しても遠慮がないです。
群れてショッピングに出かけたりカプチーノを飲んだりする女性は、「エストロゲン浸け」か、「エストロゲンの波」に浮かんでいるのです。

そのほか愛のホルモン、ママのホルモン、果ては犯罪ホルモンも流行です。私たちは自分で自分を説明したがります。ホルモンはきちんと量が測れるので、男と女、争う者と協調する者、家畜と野獣を区別する説明に適しています。人間の分類好きは治らないです。

バストアップホルモン人気には、原理を体系化しようとする高僧、すなわち科学者が再び関心を高めてることも力を貸しています。70年ほど前にホルモンが分離、合成されて以来、その研究は類のないほど猛烈な勢いで進められてきました。

戸瀬恭子のバストアップDVD【バストあっぷるん】

以前は、バストアップホルモンは体や脳などの組織にある特定の受容体に合う鍵になぞらえられ、鍵穴にぴたりとはまると、勢いよくドアを開けて一連の行動と反応を起こすとされましたが、もうこの比喩は古びてしまいました。

どのホルモンがさぐりにきても体は複数の鍵穴を差しだすこと、バストアップホルモンは鍵穴がなくても力を発揮する場合があることがわかったのです。

鍵穴がなくても、血中から組織へと強引に突き進み、割れ目に入りこむのです。この密使がどんな力をもち、どんなに精妙でどんなに粗雑かを知りたくて、私たちは今うずうずしているのです。
リズム避妊法では精子の受精能力維持期間を三日間としていますが、これは間違いです。

精子は卵管内貯蔵所で10日間受精能力を維持するので、リズム法による避妊では、不妊期(安全期)に性交した精子が受精する可能性があります。

これらの精子は老化が進んでいるので受精してもほとんどが異常胚となり、オカルト妊娠で終わります。

これについては、「危険期以外の子宮顛管は粘性の高い粘液によって塞がっており、顛管自身も筋肉が収縮して固く閉じているから、精子は侵入できないのではないか?」という疑問を抱くかもしれません。

排卵期以外の顕管は細菌の侵入を防ぐため、粘液栓で固く塞がっており、精子が侵入できるような状態ではないです。ところが、ルーベンスタインらが腔に精液を注入してその後の精子の侵入状況を調べたところ、月経周期のどの時期でも精子は類管を通過して子宮や卵管に侵入したのです。

排卵期以外の類管粘液への精子侵入は、排卵期ほど容易ではないとしても、受精条件を満たすくらいの数の精子は進入するようです。


事実、リズム法で避妊している女性が、不妊期に性交して妊娠したという例は珍しくないです。しかも、そのような妊娠では流産率が高いとか、知的障害の子が生まれやすい、という調査報告が1960年代以降いくつか発表されています。

ゲレロ教授らの報告でも、流産女性を含めた965人の妊娠女性のうち、合計142人(14.7%)は排卵九日前から五日前までの不妊期とされる時期に性交して妊娠しています。

そして、この時期に妊娠した女性では16人(11.6%)が流産し、流産率が高かったのです。九人(一人流産)は排卵の九日前に性交して妊娠しました。
口の中がすっきりしないからといって、口臭がいつもあるとは限りません。一方「歯磨きをしたから大丈夫」と思っていても、口のにおいを人に指摘されてしまう場合もあります。

家族など身近な人にいつも自分のにおいを確認してもらうわけにもいきません。

そこで、市販の口臭チェッカーを購入して、自分のにおいを確認しようとする人がいます。

自分で口臭の有無を簡単にチェックできる機器も売られていますが、これらは病院で診療に使用している口臭測定機器とは違います。

伊藤潤一式の口臭消滅プログラム

口臭レベルに一喜一憂し、かえって口臭への不安が高まってしまう場合もあります。

口臭について不安がある場合には、自己流で判断しないで、口臭の専門クリニックを受診されることをおすすめします。
「ホームページ作成がまったく手に付かない状態でまったく抜け出す事が出来ません・・こういう時はどうされてますか?」 
・・というお悩みをある方からいただいたので、その方に返信した内容をアップします。

では以下どうぞ・・

スランプも迷いも誰もが通る道です。そしてスランプや悩みがあるということは、向上心があるからです。センスがあるからです。だから自分の現実に不安になったり失望もします。

一方、向上心のない人はスランプや悩みはありません。あまり出来が良くなくても「ま~いいや」と思って終わりです。

デザインを始めると、自分の手で自分のセンスで、すごく良いサイトを作らなければならない、と考えてしまいます。

でもホームページというのはやっぱり内容なんです。それも内容が一目でイメージできる写真・・つまり自分で何でもゼロから作らなければいけないのではなく、「既存の写真を活かすイメージ」を持たれると良いです。

そのサイトを印象付けるイメージ写真が一枚あれば、それの雰囲気を壊さない、マッチした色で背景やバナーを作る・・

それだけで良いのです。最初から背景やバナーを作り始めるとイメージが固まりにくい・・あとでコンテンツや写真を入れたらバランスが悪い・・という事になってしまいます。

【下克上】アフィリエイト教材GEKOKUJO

例えば、インターネットに関わる内容なら、だれかがパソコン画面を眺めて微笑んでいる写真・・それがイメージ写真です。それをデザインの中心にすれば良いのです。

サイトの主役は何か?・・ということになります。フリー画像もたくさんネット上で入手できますし、本格的なキレイな写真も安価で買えます。

また気分転換にブログなども良いです。さくらサーバーやエックスサーバーなら、無料で簡単にワードプレスやMT(ムーバブルタイプ)がインストールできます。アメブロやFC2などの無料ブログは、採算が合わなくなれば運営を止められる可能性もありますし、「さくらのブログ」などはSEOが弱いです。

ワードプレスのクラシックタイプを自分流にカスタマイズしたブログです。SEOのバックリンク目的なので極力シンプルにしたものです。

MTで、さらにネット上で入手できる無料テンプレートデザインです。またさらにそれを自分流にカスタマイズしています。

HTMLとCSSを修得するとそんなこともできます。誰から習ったわけでもなく、自分で考えました。変えようと思えばいくらでも変更できます。文字の大きさ、色、行間隔、配置の寸法、ライン、背景画像などなど・・

そしてそのブログなどを利用して、アフィリエイトやアドセンスでおこずかいを稼いでも良いわけです。特にアドセンスは簡単です。

更新頻度が高いサイトや日記的なサイトはMTやワードプレスが楽です。また、ホームページ作成ソフトだったらSIRIUS(シリウス)がおすすめです。SEOも強いほうです。

簡単にホームページが作れるソフト【SIRIUS】シリウス

コンテンツが固定している、更新頻度は高くない・・というサイトはやっぱり自由度が高い自作HTMLサイトが良いです。

ブログを作ったら自分のメインサイトにバックリンクを送りましょう。

それと思い切ったセールスレターのようなデザインも作ってみても良いでしょう。(何か売れるノウハウがあればそのまま原価ゼロ円で売り出すこともできます)

やっぱりサイト作りは目標があるのと無いのでは、全然やる気が変わってきます。

「キレイなサイトを作りたい」という漠然とした目標だと、デザインもブレたり意欲も低下していきます。
私たちの体は、体内を循環する血液によって酸素と栄養分が細胞に運ばれていく仕組みになっています。しかし眼の表面にある角膜には血管が存在しないのです。

透明でなければならない角膜に血管があったら、視界をさえぎってしまうからです。しかし、角膜も人体の他の組織と同じように細胞で形成されているのですから、酸素と栄養分の補給は不可欠です。

そこで血液の代わりを果たすのが涙で、涙は角膜に大切な栄養分を運ぶ視力回復の役割を果たしているのです。

田中謹也の視力回復【アイ・トレーニング・コンプリートキット】

そしてこの涙は、本来の役割を果たすと、涙点と呼ばれる小さな穴から「涙嚢」というストック用の袋にためられ、涙腺道という専用道路を通って鼻や喉に排出されていきます。

涙は単なる水ではありません。分泌された涙は三層構造になって眼をおおっています。いちばん内側の眼球(角膜)に接し、眼の表面と直接触れ合う部分が、糖やたんぱく質などを含む「ムチン層」、真ん中の部分が涙の主成分である水分からなる「水層」、いちばん外側が油分を含む「油層」という三層で構成されています。

ただ、涙が眼から流れ落ちる場合は、ムチン層だけが眼の表面に残り、水層と油層が交じり合った形になっています。

いちばん内側のムチン層は、涙を眼の表面に付着しやすくすると同時に、眼に栄養分を補給する働きを担っています。真ん中の水屑は、たえず眼に水分を補給する役割を持ち、眼が乾かないようにする役割を受け持っています。そして外側の油層は大気に直接触れる部分でりが、水分が蒸発しにくいように油分が含まれているのです。

じつは、この三層の働きすべてが正常でないと、涙の四つの役割を十分に果たすことができず、ドライアイの症状を起こします。

いちばん内側のムチン層は「ゴブレット細胞」が作り出すのですが、この細胞が傷つくと、涙そのものは分泌されても眼球全体をおおうことができなくなってしまいます。

真ん中の水層は涙腺からつくり出されますが、水層の量が減ってしまうと、涙は十分な働きを果たすことができなくなります。

そして外側の油層は、まつげの上にある「マイボーム腺」から産出されますが、「眼瞼炎」といってまぶたが炎症を起こすと、この油層をきちんと形成することができなくなります。

離婚にいたる別居期間とは

半年以上の長期間の別居は圧倒的に離婚に向かう可能性が高いです。一緒に住んでいても話にならないとか、余計に関係が悪くなる場合は、別居をしてきちんと離婚を考えることが大切です。

期間が長くなるほど、離婚の可能性は高くなります。話し合って別居を始めるにしろ、一方的に家を出るにしろ、その理由をはっきりさせ、「夫婦としてやっていかれない」という趣旨に基づき、「だから別居します」ということが相互に理解できていないと、無駄な別居になりかねません。

中期間(1~2ケ月)の別居の多くは、夫婦関係の修復、再生が目的となります。

面と向かって話し合うよりも、問題を感じている方が、置き手紙などを残して、家を出るのが有効です。内容的には、「冷却期間をおきたい」「修復したい」「昔の二人に戻りたい」ということを伝えましょう。

相手が、一瞬にして憤るような内容を書かないようにします。冷静で丁寧な内容が必要になります。

短期間の別居は、極端に言えば数日の家出と考えてもよく、なにも残さず、黙って出ていくぐらいで充分です。心配をかけることができれば、相手は思い当たることを反省するでしょう。

ただし、相手が別れたいと思っているときに家を出てしまうと、短期の別居で反省を促すつもりが、相手にとってラッキーな状態を作ってしまうので、自分が相手に感じている問題点について、相手がどういうつもりでいるのかを見極めなくてはいけません。

離婚 期間とは

離婚と別居は複雑にリンクします。安易な期間の設定はせず、計画的に慎重に進めてください。