2011年8月アーカイブ

アフィリエイトブログ・ホームページを作るときは、まずテーマ内容を何にするかを考え決めましょう。

集客にはテーマが必須
インターネットではとんがることが大切です。ほかよりも抜きん出ること、ほかにはない、ここだけのものを持つことで、訪問者を集められます。

なんとはなしに漠然とアフィリエイトホームページを作っても訪問者は来ません。きちんとテーマを絞り込んだホームページやブログを作りましょう。

NEOノンバトルアフィリエイト

勝つには自分の得意分野
「儲かりそうなテーマは?」 そんなふうな考えで、自分がよく知らないテーマでアフィリエイトホームページやブログを作ろうとしても、知識がないので、その分野でとんがれません。失敗します。

自分がよく知っていることなら、来るひとが何を知りたがっているか、どんな商品をほしがっているのかもわかります。

他人が読みたがるテーマ
共感を呼べるテーマや、求められている情報でないと、訪問者は集まりません。メインコンテンツが家族の日常をただ綴ったものではひとを呼べません。

しかし、主婦の日常の話でも、たとえば出産や子育てに役立つ情報とセットならば、情報にリアリティを加えるものとして役立ちます。あるいは共感を呼び、仲間を集め、コミュニティを作れるならよいでしょう。

また、個人的な話であっても、特異な体験なら、興味を呼ぶことができます。この「誰が何のために読むのか」を考えてアフィリエイトのテーマ選びをしましょう。
セットポイントによって決められているその人固有の目標体重は、摂食量を増減した場合にも変化しないことがわかっています。

したがって、ダイエットによって一時的に減量に成功したとしても、もとの体重に戻ってしまうのです。このロックフェラー大学の実験結果をわかりやすく説明すると、次のようになります。

たとえば、ここに2人の人がいるとしましょう。彼らは、体脂肪率など体の構成内容がまったく同じであると仮定します。2人とも体重は60キログラム。しかし、2人には大きな相違があります。

1人は、その60キログラムが通常の体重であり、それを維持するのに何の努力も要しないです。一方、もう1人は、もともとの体重が90キログラムであり、食事制限や運動習慣などの努力によって60キログラムを維持しようとしています。

ここで2人に同じ仕事量を与えます。すると、2人のうち、ダイエットして60キログラムを維持している後者は、前者に比べ、同じ仕事をこなすのに15%少ないカロリーしか必要としないことがわかったのです。

この2人は、体脂肪率など身体の構成が同じであり、体重も同じです。それにもかかわらず、後者では、酸素消費量とエネルギー所要量が少なくてすむことになります。つまり、減量に努力している後者では、減量した体に代謝機能が適応しているようなのです。

森部昌広の足やせダイエット法【天使の美脚塾】

まず、ダイエットで体重を減少させると、体はエネルギーを節約しはじめます。代謝活動が低下し、筋肉が効率よく動くようになり、より少ないカロリーで同じ仕事量をこなそうと適応します。

これは、ダイエットによる減量が非常に困難であることを示しています。もともと90キロあった人が60キロに減量したとき、その人の体は、代謝機能を低下させてまでも、もとの体重に戻ろうと必死になるのです。
アフィリエイトブログやホームページの名前は、曖昧なイメージ、たとえば「○○の部屋」といった、どんな内容か読者にすぐにわからない名前でなく、アフィリエイトのテーマに直結するキーワードを含んだ名前にしましょう。

テーマに関するキーワードとしては、検索エンジンでよく検索されるものが有利です。しかし、単独で検索される牛-ワード(ビッグキーワード)で検索上位に入るには、すでに強力な競合のアフィリエイトホームページなどがあり、なかなか困難です。

そこで、ビッグキーワードに加えて、そのキーワードと関連して検索されるキーワード(スモールキーワード)も入れるという手があります。


たとえばアフィリエイトで「ダイエット」というキーワードでは、「ダイエット 食品」 「骨盤 ダイエット」などが見つかります。

ビッグキーワードとスモールキーワードを組み合わせて、「骨盤ダイエット」といった名前にするのが簡単ですが、それだけでは、同じような名前のアフィリエイトホームページやブログに埋もれてしまいます。

たとえば、「男のダイエット塾~内臓脂肪を燃焼させろ!~」は「ダイエット」「内臓脂肪」というキーワードに、「男の」という言葉を加えることで、男性でダイエットに悩む人を引きつけています。