柴犬のしつけでは散歩はきちんとしたしつけを

柴犬のしつけでは、散歩はきちんとしたしつけをしたなら他人にも迷惑をかけずに柴犬と共に楽しめます。

しかし、独りよがりの考えは他人に恐怖心すら感じさせてしまいます。
それは、リードを放して散歩をすることです。

諸外国では柴犬と自由に散歩を楽しんでいる光景をよく目にしますが、自由の陰にはきちんとしたトレーニングを日々怠りなくしています。

とかく表面だけを見て判断してしまうわれわれは大いに反省しなければならないのでは・・・・・。
呼び戻しもできないのにリードを放して散歩をしていたのでは、柴犬が飽きて飼い主の元に戻って来るまで何か起きても手元に戻すことができません。

柴犬好きな人も多ければ、嫌いな人も多いはずですから、リードをつけていない柴犬を見たなら恐がります。

むやみに恐がる柴犬嫌いの人も困りものではありますが、自分の柴犬は他人もかわいいと思ってくれると考えている愛犬家はもっと困りものです。

最近のサイト記事