2011年12月アーカイブ

チワワ飼い方で多い病気は、クリプトコツカス症です。

このウイルスは、鳥(とくにハト)の糞や、糞に汚染された土に発見されます。中枢神経系を冒し、若いチワワ犬に感染することが多いようです。

主な徴候は、ぐるぐる歩き回る、見当識障害、斜頚、協調運動不能、発作などの神経症状であり、麻痺が起こることもあります。診断は特殊検査または生検によって行います。

チワワ飼い方でこの疾患は、中枢神経系を襲うため抗真菌剤が常に有効とはかぎらないので、治療はむずかしくなります。ですので日頃のチワワ犬の管理に気を付けてください。

犬しつけについて考えなければいけないことが沢山あります。

オシメを外してトイレに自分で行けるようになるまでには、親が一生懸命教えたり、場合には失敗をし、時間をかけて少しずつ進歩させていきますね。

まず、落ちついて暮らせる空白を確保している事です。

その為の不可欠な品々は、犬を連れて来る前日までには揃えておきましょう。

それは、われわれ人間の赤ちゃんが、オシメから自立している時の事を考えればわかるはずです。

犬しつけも同等の事がいえます。いきなり室内に放しても、どこがトイレ場かわかるはずがありません。

男性のうつ病の傾向・症状・原因・治療の過程では、三度の食事にも少しだけテーブルに準備しますが、手をつけなくてもこだわらず、また次の食事には少しだけ準備するということを繰り返してください。

決して他の人と同じ量を準備したりしないでください。

それを残すことで、うつ病患者の男性は罪の意識を感じてしまうからです。

支援者や家族は「もったいない」とか「むだだ」と感じるかもしれませんが、いつでも食べられる、食べなくても責められないという安心できる環境を提供しているのだと理解してください。

そんな環境を保つことがうつ状態をひきおこしている不安や悲しみのプログラムを終息させていくきっかけとなるのです。

残念ながら、食欲を上げる薬は睡眠薬ほど効果が顕者ではありません。体力が回復すると、必ず食欲は戻ってきます。周囲の人が焦らないことが一番大切です。見守ってあげてください。