チワワ飼い方で多い病気はクリプトコツカス症

チワワ飼い方で多い病気は、クリプトコツカス症です。

このウイルスは、鳥(とくにハト)の糞や、糞に汚染された土に発見されます。中枢神経系を冒し、若いチワワ犬に感染することが多いようです。

主な徴候は、ぐるぐる歩き回る、見当識障害、斜頚、協調運動不能、発作などの神経症状であり、麻痺が起こることもあります。診断は特殊検査または生検によって行います。

チワワ飼い方でこの疾患は、中枢神経系を襲うため抗真菌剤が常に有効とはかぎらないので、治療はむずかしくなります。ですので日頃のチワワ犬の管理に気を付けてください。

最近のサイト記事