2012年7月アーカイブ

柴犬 飼い方ではリーダーになる、しつけを重視してほしいものです。

柴犬 しつけでは、なんでも主導して遊んだり運動すると、愛犬があなたをきちんとしたリーダーだとみなし、なんらかの形で困らせるくらいなら死んだほうがましだと考えるようになります。

柴犬 飼い方で気になる恐怖症は、騒音、閃光、特定の人々、他の動物ときには取り残されることなど、特定の刺激に対する過剰な恐怖を指します。

刺激に対する過剰で不適切な反応は、ときとして愛犬自身、あるいは、柴犬 しつけで飼い主や他の人へのけがにつながります。

さらにこうした状態に影響された犬がそこから逃げ出そうと慌てふためく結果、家具などに損害を与えることもあります(破壊行動)。