不妊症 治療で困っているのならば周期療法も試してみる

不妊症 治療で困っているのならば、周期療法も試してみると良いでしょうね。

一般には、「内膜の日付診断」という形での判定が行われます。「排卵後△日目には○○のような変化をしているべきだ」という基準をもとに不妊症診断するそうです。

この基準を決めた学説は、ハーバード大の婦人科から提案されたものですが、当時は排卵期の判定が今ほど明確でなかったにもかかわらず、日付は月経周期を28日型として計算され、妊娠 周期で内膜の発育が2日以上遅れているときを異常としているところに、疑問が残ったようです。

検査センターの組織学者が「日付診断」し、その返書を担当医が読むだけのことが多いようですが、本来なら担当医が標本を診て、組織のホルモンに対する反応度を観察するのが、望ましい治療のあり方のようです。

最近のサイト記事