うつ病を撲滅する旅の最近のブログ記事

うつ病 症状は、兆候から深刻になる前に予防しましょう。すでに表れている休の変化も深刻になります。

不安の制御の不眠、悲しみの制御の食欲不振、驚き・興奮のプログラムの継続的な作動による肩や腰の痛み、消化器系の不調などが強くなってきます。

うつ病 症状は、これまでにない不眠や身体症状の苦しさ、強い不安・怒り・むなしさ。さらに、頭が回らない、判断が鈍るなどの症状。

そして、うつ病 予防に対して何もできない自分。崩れていく人間関係。これらが同時に自覚される時、「自分白身をコントロールできない」「自分は、うまく対処できない」と感じることになります(無力感)。

うつ病を克服した治した成功事例も知っておくと参考になります。
うつ病の治療法と対処法について、また、うつ病に効く薬についてです。

うつ状態への対処法が、自殺防止の大きな柱であることは間違いありません。
しかし、うつ病予防と言うとき、どうしても当事者の健康管理や薬の問題と考えがちです。

ところが、自殺防止はそれだけではなく、うつ病患者さんのこれまでの生き方の問題でもあり、これからの生き方(リハビリ期の乗り切り方)の問題でもあり、さらに運命の波(治療の間の出来事、サポートしてくれる人とのめぐり合い、寿命)などの問題だと考えられているのです。

うつ病に良く効く薬は何か。うつ病の克服法を知る・・・
男性のうつ病の傾向・症状・原因・治療の過程では、三度の食事にも少しだけテーブルに準備しますが、手をつけなくてもこだわらず、また次の食事には少しだけ準備するということを繰り返してください。

決して他の人と同じ量を準備したりしないでください。

それを残すことで、うつ病患者の男性は罪の意識を感じてしまうからです。

支援者や家族は「もったいない」とか「むだだ」と感じるかもしれませんが、いつでも食べられる、食べなくても責められないという安心できる環境を提供しているのだと理解してください。

そんな環境を保つことがうつ状態をひきおこしている不安や悲しみのプログラムを終息させていくきっかけとなるのです。

残念ながら、食欲を上げる薬は睡眠薬ほど効果が顕者ではありません。体力が回復すると、必ず食欲は戻ってきます。周囲の人が焦らないことが一番大切です。見守ってあげてください。